良くある質問

Q どのような相談を扱っていますか。

A 民事・家事・刑事全般を扱っています。民事は、交通事故、悪質商法被害救済、不動産事件、金銭貸借、その他商取引、損害賠償、労働事件、自己破産、企 業倒産事件、民事再生、債務整理等です。家事事件は、遺産相続、離婚事件、成年後見等です。著作権などの知的財産に関する事件は扱っておりません。

Q 相談には予約が必要ですか。

A 弁護士は外出中や他の執務中であることが多いので、必ず電話で予約をして下さい。また、電話やメールでの相談には応じておりません。

Q 相談時間は何時までですか。

A ご予約いただければ、夜間や土日の相談にも応じております。

Q 弁護士費用は分割で払うことは出来ますか。

A 事案によっては分割払いに応じております。

Q 相談の時に持参した方が良いものはありますか。

A 事件に関係する書類等があればご持参下さい。また、相談内容をメモ程度で結構ですので文書にしてきていただけると、要領良くご相談に応じられる場合があります。また、印鑑と免許証など身分を証明するものもご持参いただけると良いかと思います。

Q 相談内容が第三者に知られてしまうおそれはありませんか。

A ご相談・打ち合わせの際に取得した個人情報・企業情報につきましては、弁護士には秘密を守るべき義務があります(弁護士法23条)。弁護士はご相談やご依頼を受けた業務の処理に必要な範囲でのみ、その情報を使用することができ、それを超えて個人情報・企業情報を外部に出すことはありません。相談内容等が第三者に知られてしまうのではないかという心配は、ございません。

                       

新着情報

2017年3月14日
ニュースタイトル