遺産相続


相続では何が問題となるのか

相続人は誰か、相続分はどうか、相続財産は何があるか、遺言書はあるか、特別受益、寄与分、遺留分(いりゅうぶん)、遺留分減殺(いりゅうぶんげんさい)、単純承認するか、相続放棄するか限定承認とするか、遺産分割協議・遺産分 割調停、遺産分割と税金、など様々なことが問題となります。

最近は、ネット上にも相続に関する情報が豊富にあり、自分で調べてもある程度のことは分かるかも知れません。でも、生兵法は大けがのもと、とも言います。

ご自身でいろいろ調べても、良く分からないことは、早めに弁護士に相談することをお勧めします。斎藤法律事務所では、「ホームページを見 た」相談者の方には、初回の相談料を無料としていますので、お気軽にお電話下さい。

ネット上の知識についても、発信源が信頼できる者からの情報か(弁護士以外の者が法律相談に乗ることは、無料とされていても報酬を得る目的があれば犯罪と なる場合があります)、弁護士の情報であっても、それが正しいものかどうか注意が必要です。