相続・代襲相続

相続人は、被相続人死亡時に生存していることが必要です。

この例外は二つあります。そのうちの一つが代襲相続です(もうひとつは、胎児の出生擬制・民法886条)。

代襲相続とは、相続人となる者が相続開始前に死亡等していた場合、その相続人の直系卑属(子)が、その相続人に代わって、その相続人の受けるべき相続分を相続することです。

代襲相続は、被相続人の子が相続人の場合(子の子が代襲)と、被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合(兄弟姉妹の子が代襲)に認められています。

相続人である子が養子である場合には、養子縁組後に生まれた子は、養親を代襲相続しますが、養子縁組前に生まれていた子は、代襲相続しません(直系卑属ではないから)。

被相続人の子のAには子のB(被相続人にとっては孫)がいる場合、Aが相続放棄をした時には、BはAを代襲して遺産相続をすることはできません。

代襲相続の場合の被相続人の子の子(被相続人の孫)が、相続開始時点に既に死亡していた場合に、その孫に子(被相続人のひ孫)がいれば、そのひ孫が代襲相続人となります。これを再代襲と言います。

被相続人の兄弟姉妹が相続人となる場合には、代襲相続は認められますが再代襲は認められていません。

以上の血族相続人とは別系列として配偶者は常に相続人となりますが、入籍していなければなりません。

内縁配偶者には相続権はありません。内縁配偶者は、相続人が存在しない場合に一定の手続きを経て、特別縁故者として相続財産の分与を受け得るにとどまります(民法958条の3)。

相続人が配偶者と子の場合に、配偶者に相続財産を全て相続させるためとして子の全員が相続放棄(民法938条)をするとどうなるでしょうか。

子(第1順位)、両親等の直系尊属(第2順位)、被相続人の兄弟姉妹(第3順位)の血族相続人と、配偶者相続人は別の系列として考えられます。

そのため、今度は第2順位の直系尊属と配偶者、又は第3順位の兄弟姉妹と配偶者が相続人となります(民法889条1項。法定相続分は900条2号、3号)。

ですので、場合によっては、子の相続放棄に続いて、第2、第3順位の相続人ら全員が相続放棄をしなければ、配偶者が全ての相続分を取得することはできないことになります。

 

2016年3月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : saito-lawyer